old_house
古い家にお住いであれば、サッシの滑りが悪くなって、動きづらい状態になってしまうという話はよく聞きます。このような状態になった時の対策としては、その原因を特定すること、そして特定できた原因を解消することが大まかな手順となります。

それでは古い家のサッシが滑りにくくなる原因としてありがちなものとはどのような原因なのでしょうか。まず考えられるのは、サッシの金属部分が錆びてしまい、それによって滑りが悪くなってしまうということです。このような原因の対策方法としては、潤滑剤や油を吹きかけることによってその錆による滑りの悪さを解消させ、スムーズに窓をスライドできるようにすればいいでしょう。ただ、一度錆びてしまたサッシは交換をしなければ完全に元には戻りませんので、そのスライドの動きを維持するためには定期的な潤滑剤や油を用いたメンテナンスが必要になります。

もう一つ、原因として考えられるのは、サッシにゴミがたまってそれが滑りの邪魔をしているということです。この原因の場合は、直接的な対処法にはなりますがそのゴミを取り除いてしまうことによってサッシの滑りを良くすることが可能になるでしょう。ただ、サッシの間のゴミは一度サッシを取り外してから掃除しなければなりませんので、その点では少し手間がかかってしまう部分ではあると思います。

また、サッシの滑りが悪くなってしまった時に取るべき対策として、どのような原因でも対処できるのが、サッシそのものを交換してしまうというものです。根本的な話ではありますが、サッシ自体を交換すれば新品になりますので動きそのものもかなりスムーズになるでしょう。特に古い家のサッシであれば、かなり老朽化していますので、下手に様々な対策方法を試みるよりも、一気に交換をしてしまった方がベストであるケースも多いかもしれません。ですので、第一選択肢として交換を選ぶのも良い対策だと思います。

^