bus_glass
僕には一人、昔馴染みの子がいます。その子とは元々家が隣同士で、母親同士の仲も良かったことから、物ごころ付いた時期にはすでにお互いの家を気軽に行き来するような関係になっていました。
小さいころは「それが当然のこと」と受け止めて、毎日その女の子と遊んでいましたが、さすがに小学3年生になるころから段々疎遠になり、一時期は「一日顔を見ない」ことも珍しくありませんでした。

それが変わり、また毎日話すようになったのは中学に入り、以前と同じように同じクラスになったのが切っ掛けです。最初はぎこちなかったものの、お互いもう小学生では無いということで、「気になって話したいなら話そう」と吹っ切れたのが大きかったんだろうと思います。
もう一度仲良くなってからは離れることはなく、そこから大学生の現在に至るまで、僕とその幼馴染はずっと一緒に過ごしています。

昨年のクリスマスには、その子から「幼馴染はいや。恋人にして」と告白され、改めて僕たちは新しい関係となりました。今は彼氏彼女の関係になって半年というところですが、「あぁこの子、こういう一面も持っていたんだ」と彼女の色々な顔を見ることが出来て、毎日楽しく過ごしています。
先日も、ちょっと遠くの遊園地に二人で出掛けたんですが、論文の提出で寝不足気味の彼女が、うたた寝して乗っていたバスのガラスに頭をぶつけ、危うくケガをするところでした。幸い本人もケガは無く、また、バスの窓ガラスも割れて交換するなどということにもならずホッとしましたが、「いつもしっかりしているこの子にも、こういう面があるんだな」と、少し面白く思ったのでした。

^