綺麗な窓ガラスを維持する秘訣とは、やはり定期的に窓ガラスを掃除することでしょうね。ただし、簡単に窓ガラスの汚れを落とせる方法として、丸めた新聞紙を使うとよいとネット上のブログなどでは度々紹介されています。新聞紙に使われているインクがワックス代わりになるので、拭いた後の窓ガラスがピカピカになるようなのです。しかも新聞紙のインクには、こうした艶出し効果だけでなく曇り止め効果もあるようです。例えば、水に濡らした新聞紙を丸めた状態にして窓ガラスを拭くのだそうです。この時注意しないといけないこととして、窓ガラスが水でベチャベチャにならない程度がよいそうですね。その後、乾いた新聞紙を丸めて窓ガラスの水分を拭き取るようにして拭くのがコツのようです。従って、市販のガラスクリーナーなどは一切必要ない、実に経済的な方法といえるでしょうね。それから、ジメジメしたような梅雨の季節や曇りの天気に窓ガラスの掃除をするのがベストなのだそうです。逆に晴れた日の方が気分的にスッキリとするので、窓ガラスを始めお部屋の掃除などもしやすいようにも思えるのですが、よく晴れた日というのは窓ガラスがすぐに乾いてしまうので汚れが落ちにくいようなのです。

そして窓ガラスを掃除する際には、外側にある網戸も掃除しておくとよいそうです。網戸も掃除しておかないと、網戸の網の目に入っている細かいホコリや汚れが、風と一緒に家の中に入ってきたり窓ガラスに付着してしまうようですね。そうなると、せっかく窓ガラスを綺麗に掃除しても元の木阿弥ということにもなりかねないでしょうね。さらに、窓ガラスを掃除する際には外側の窓ガラスから掃除した後で、お部屋側の窓ガラスを掃除するという順番にしておくと、光の加減で外側の汚れや内側の汚れが見つけやすくなるようなのです。また、新聞紙の他にも雑巾よりも毛羽立ちの少ないマイクロファイバー製のクロスがオススメです。

^